結婚式を穏便に断れる祝電について

3月 16, 2014 · Posted in 結婚 · Comment 

結婚式はおめでたいものです。しかし、現場にあまりにも空席が多くなると、せっかくの式場の見た目が悪くなってしまいます。結婚式を欠席する際には、早めに連絡を入れて会場の椅子を片付けさせましょう。しかし、ただ結婚式を欠席すると伝えるだけというのも相手に悪いものです。せっかく招待をしてくれているというのに、ただ一言出れないという言葉だけで済ませてしまうというのは、あまりに味気がなく塩対応というものだと思われかねません。

結婚式を欠席するのであれば、同時にお祝いの言葉を述べる必要があるのですが、口ではなかなか格式のある言葉は言いにくいものです。そこで祝電を使って、文字で伝えるのが良いかと思います。祝電はさまざまな公共の場でも使われることの多いメッセンジャーサービスですので、貰われた相手は、とても大事に思ってくれているのだと感想を述べる人が多いそうです。電報は堅苦しいからこそ、結婚式のお祝いにはぴったりの方法だと思います。

祝電ですが、業者によってさまざまな便箋や追加サービスを行ってくれています。結婚式を断るのが心苦しいと思ったのなら、これらのサービスを使い、出れないながらも祝福の気持ちを伝えると良いと思います。